【対人恐怖症克服への道のり~歌子の軌跡】では私が体験した恐怖症やその克服法など基礎知識をたまに更新していこうと考えています。

恐怖症の体験談~歌子の体験談 その2

恐怖症の体験談~歌子の体験談 その2

歌子は、広場恐怖症の症状が出ていたので、その場合を例にしてお話します。


実は、学生の頃から妄想が大好きな歌子でした。(今もですが・・・汗)なので、
電車や人がすし詰め状態にある部屋に行かなければならない時は、大概ですが
妄想に耽っていました。

そうしていれば、時間が過ぎるのは早く感じるからです。


例えば、学生時代など授業を受けている間、あまり勉強に身が入らない時は
物思いや空想、妄想に耽る事ってありますよね?
(そういう時の成績は、酷いと目も当てられない状態にはなりますが…苦笑)


ただ、『空想』とか『妄想』などと聞くと、「変な人」と思われるかもしれませんが、
視点を変えて考えてみてください。

空想、妄想などをする事によって、一時の辛い状態や状況(恐怖症となる
対象や環境、場所、状況など)から、『自分を逃がしてあげる』のです。

そうする事で、少しでも恐怖症の克服に繋がるのでは…?と、
歌子は思います。


実際、筆者も少し混雑した電車でさえも乗るのが嫌なのですが、
電車に乗って目的地に行かなければならない…。

そういった時は、こういう方法で少しでもその時間だけ(この時間だけではないですが…笑)
『自分(のストレス)を逃がしてあげる』ようにしていました。


それだけではなく、ヘッドホンで音楽を聴いたり(もちろん、
音漏れなどで
他の乗客の迷惑にならない程度に)して、少しでも自分にストレスがかからない
ようにもしていました。

これは、音楽ではなく、本を読むのもいいでしょうし、懸賞雑誌などを購入して、
パズルなどをしてみるのもいいかと思います。


解いたパズルを応募して当たればラッキーでもあり、「恐怖症になっていたから、
こういった幸運に巡り会えた!」と、前向きになるきっかけにもなるかと思います


ただし、こういった方法は恐怖症の軽度、中度の方に有効かと思われます。

ぜひ、ご自分に合った恐怖症克服方法を模索してみてください。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional