【対人恐怖症克服への道のり~歌子の軌跡】では私が体験した恐怖症やその克服法など基礎知識をたまに更新していこうと考えています。

恐怖症克服で見える未来

恐怖症克服で見える未来

恐怖症を発症してからは、様々な事が起きると余計に自分自身で精一杯になると思います。

その時に、「(自分が)恐怖症を克服した先の将来は…」とは、考えられないでしょう。

ここでは、恐怖症を治療し、克服するとどういった未来が見えてくるのか、
考えてみたいと思います。


恐怖症を発症すると、

『当たり前に出来ていた事、今まで普通にしていた事などが、
全くといっていいほど出来なくなる』

という人の言葉をよく聞きます。

恐怖症克服すると、これらの事が出来るようになれるのはもちろんの事、
恐怖症を発症する前と後での価値観や思考、性格的な部分において
変革がもたらされる事があります。


これは人によって様々だと思いますが、歌子の友人がそういった体験をしました。

嘘の様なホントの話です。


歌子の友人で、基本的には優しい女性なのですが、思い込みと気性が激しく、
頑固で意地っ張りで、とても気難しい方がいました。

ご本人自身、そういった性格の自覚もされておらず、
仕事や家庭的な事情も重なり、広場恐怖症とうつ病を併発されました。


うつ病になられてからは、とにかく自殺願望が酷かったようです。

お子さんもいたのですが、とにかくご自分に精一杯で、
他の事を考えられる余裕もないようでした。


しかし、ある日を境にその友人に対し、「人が変わった…」と
感じさせる事がありました。

本人にお話を伺ってみると、

「あまり、物事とか拘らないようにしたの。
やる事も優先順位を考えるようにして、現実主義でいようと思ったから」

と、仰っていました。


彼女曰く、彼女自身の中にある「逃げる自分」もわかっていたようでした。

マイナス的な性格の部分だけではなく、マイナス思考や自分中心の
性格や思考の自分がいけなかった…と、彼女自身も仰っていました。

それからというものの、出来なかった事や、普通にやれなかった事が
出来るようになったようです。


恐怖症を発症しておられる方全てが、上記のような方だとは言いません。

しかし、ご自分で「恐怖症克服した先の未来」を考えてみると、
思いがけないところから恐怖症克服のヒントが見つかるかもしれません。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional