【対人恐怖症克服への道のり~歌子の軌跡】では私が体験した恐怖症やその克服法など基礎知識をたまに更新していこうと考えています。

恐怖症克服の為の運動

恐怖症克服の為の運動

恐怖症が発症すると、どうしたら良いかがわからなくなり、
混乱やパニック状態になる事があると思います。

恐怖症を発症した後、恐怖症克服に向けてのするべき事をお話したいと思います。


恐怖症対象に接近、接触などをすると、過度のストレスが発生します。

それによって、交感神経が活発になり、交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。


それが精神面に影響すると、パニック障害や自律神経失調症、
うつ病などが併発します。

身体に影響すると、心拍数や血圧などが上昇、そこから高血圧や頭痛などが発症します。


こういった症状が発症してもストレスを軽減し、心身ともに出来るだけ
穏やかに過ごせる様にする事が大切です。

では、そのストレスをどう発散すればいいのでしょうか。


運動をする事も、ストレスを軽減する方法の1つとしてあります。

しかし、上記にもあるように、運動する事によって、血圧が上昇する事もあるので、
一概に運動がいいとは言えません。


運動をされる場合は、ご自身の体調の様子を見て、運動をするかどうかを
決められるといいと思います。

万が一心配な方は、血圧計で血圧を毎日朝晩と決めた時間に計り、
グラフなどにして紙に記入をする事をお勧めします。
(歌子も一時期ですが、血圧計で血圧を計り、グラフにしていました)


お勧めな運動は、有酸素運動です。

有酸素運動をする事によって、不安感や抑うつだけではなく、
生活習慣病の改善といった健康促進の効果が期待できる方法です。

もちろん、これはダイエットや健康にも効果的なので、おすすめです。


有酸素運動の種類としては、ジョギング、水泳、エアロビクス、
ウォーキング、ランニング、サイクリングなどがあります。

ご自分で実際に体験などをしてみて、
「これが自分に合っている」と思うものを選ばれるといいでしょう。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional